エンジニア

理系が研究職に就職するだけなら大学院に進学しなくていい理由

女の子
女の子
理系で研究職に就職したいけど、大学院に進学する余裕がない or 早く社会に出たい!
男の子
男の子

でも研究職って大学院に進学しないと就職することができないっていうよね。

このまま諦めるしかないのかな。

今回は、そんなお悩みに対して学部卒であるにも関わらず研究開発職に就職した著者(@hasesan00)の経験から

研究職に就職するなら大学院に進まなくていい理由

を綴っていきます。

僕の経歴

まず、ざっくりと僕の経歴をご紹介していきます。

僕は高校卒業後に、某理系単科大学の工学部に現役で入学し、奨学金を借りて通ってました。

ですが、指定校推薦での入学だったため勉強ができず教授や周りの人間から馬鹿にされるという経験をしました。

それからというものどんどん大学に行くのが嫌になり、大学三年時の前期には、留年スレスレというところまで追い詰められましたが、

留年してしまうと奨学金の返済が始まってしまう

という危機感から、なんとかピンチを巻き返すことができました。

はせさん
はせさん
平均的な大学生よりもかなり成績が悪く頭も悪かったです。
転職クマ
転職クマ
お気の毒だクマねぇ・・・。

ですが、そんな僕にも唯一面白いと思える学問に出会えました。

それが、半導体工学です。

これをきっかけに、僕は半導体関係の研究室に配属希望を出して

大学四年時には、無事希望の研究室に配属されることになりました。

はせさん
はせさん
その研究室は配属予定人数に対して希望者が二倍もいたため、

自分みたいな成績不振の人間は本来落ちるべきなのですが、何故か奇跡的に受かりました。

その研究室では、学部生でありながらそれなりの結果を残し、教授からも大学院への進学を推奨されました。

何よりその時取り組んでいた研究そのものが楽しかったため、

今取り組んでいる研究の内容と似通っている研究職に就きたい

と思ったんです。

しかし、僕は奨学金を借りていたため、

「これ以上奨学金の借金を増やしたくない。」

という感情と、

「でも、大学院に行かなければ研究職に就けないな。」

という感情に悩まされるようになります。

そこで、

とりあえず就活してみて

研究職として内定を貰えれば大学院は行かない、内定を貰えなければ奨学金を借りて大学院に進学する

というルールを設けました。

その結果、

自分が取り組んでいた研究内容と同じ研究職への内定を獲得することができた

ため、大学院には進まず就職することにしました。

研究職に就いてみて感じたこと

無事研究職に就くことができ、僕は客先の大手メーカーで半導体の研究エンジニアとして働き始めました。

その結果、大学時代に想像していたこととギャップがいくつかあったためそれを以下で紹介していきます。

専門知識はそれほど重要ではない

1つ目は専門知識がそれほど重要ではないということです。

就職する前の僕は、

専門知識は重要で分からないと仕事についていけなくなる

と考えていたのですが、実際はそんなこともなく…

むしろ真っさらな方が無駄な知識に惑わされることも無いので良いのでは?

と思いました。

これどういうことかと言いますと、そもそも理論通りに事が進まないのが研究職の仕事なので、業務中に専門知識が何やらと調べている余裕がないです。

大切なのは、

今この瞬間に得られた結果に対して何が言えるのか

を考える問題解決力と、

その得られた結果をどれだけ正確に人に伝える

コミュニケーション力です。

そしてこれらは経験からしか学ぶ事が出来ません。

なので専門知識はそれほど重要ではないんです。

転職クマ
転職クマ
それだけ聞くと、専門知識を学ぶ意味が見出せなくなりそうですね…。専門知識は本当に使わないのかクマ?
はせさん
はせさん
勿論全く使わないわけじゃないよ!

専門知識はアイデア(提案)を考える時に使います。

例えば、ある人に

○○を調べた結果、△△である事が分かった

と調査報告をする業務があった場合に、

これは□□の物質が関与しているかもしれないから調べてみるといいですよ

って提案できたら評価高いじゃん?

そんな感じで専門知識は、

通常業務ではないけど自分の価値を高めるためには必要

だと考えてます。

PDCAサイクルと報連相が重要

2つ目はPDCAサイクルと報連相が想像していた以上に重要であるという点です。

大学時代に教授からよく、

PDCAサイクルや報連相は社会人の基礎で大切な要素だから今からできるようにしといた方がいい

と言われていたため、とりあえずは真剣に取り組んでいた。当時は、

それほど完璧にこなさなくても大丈夫じゃないの?

と思っていたのですが実際は、

完璧にこなす事が当たり前

というくらい重要である事に気付きました。

何故PDCAサイクルや報連相が重要であるかというと、基本的にエンジニアの仕事は何百人という人たちが協力しあって行われるものなんですね。

だから、どこかで納期が遅れたり、間違った報告がされてしまうと何億もの損失に繋がる可能性があるんです。

この事から、大学時代は、PDCAサイクルや報連相の基礎を身につけておいた方が入社後に苦労しないと思います!

転職クマ
転職クマ
エンジニアって大変なんですね…
はせさん
はせさん
そうだね。

その癖研究職は、毎日毎日泥臭い作業の繰り返しだったりするから忍耐強い人とかが向いているかも(笑)

結論

以上の学んだことや経験から

研究職へ就職するだけなら、大学院に進んでも進まなくてもあまり関係ない

と考えています。

現に、大学の研究で取り組んでいたことが業務に直結したかと問われれば

そうではありませんでしたし、むしろ業務の中で新しく学ぶことの方が多かったです。

だから、仮に専門知識0の状態で研究職に就職したとしても、これから頑張って学んでいこうとか勉強意欲さえあれば仕事はどうにかなります。

なので、研究職に就職することを検討している場合は、専門知識や大学時代に取り組んできたという気持ちよりも、

自分がそれをやってみたいと思うか

という気持ちを大切にしてほしいなと思います。

はせさん
はせさん

ただし、専門知識とか以前に報連相ですとかPDCAサイクルを回すといった社会人として基本となる行動志向は必要です。

これは、学部生でも大学院生でも身につけることができるので是非習慣化させることを目標に卒業研究に取り組みましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こんな風にまとめてしまうと、中には

じゃあ、大学院に行くのは無駄なの?

と思われる方もいるのではないかとご察します。

これについて僕なりの考えですが、

研究職に就職するために大学院へ行く

と考えるのであれば無駄だと思います。

何故なら大学院に進学せずとも研究職に就くことは可能だからです。

ただし、

純粋に今の研究を追求したい!

という気持ちが就職したいという気持ちよりも勝るのであれば

大学院に進学すべきだと思います。

ここで言いたいのは、

大学院への進学は就職と結び付けない方がいい

ということです。

皆さんの就職活動がうまくいくことを願ってます!

ABOUT ME
夕日直人
Webエンジニア/ライター/シンガーソングライター/ブロガーとして活動しています。Webプログラミング、ライティング、音楽、その他、有益な情報を発信していきます。