就活/転職

新卒で入社した会社を1年足らずで退職した時のエピソードを話そうと思う

会社を退職しようと思ってるけど、

上司に告げる勇気がない・・・言ったらその後会社に居辛くなるんじゃないか・・・

そんな不安ってありますよね。

この記事では、新卒で入社した会社を1年足らずで退職した僕が、

退職を上司に告げた後のエピソードを元に退職する時の具体的な手順

を綴っていきます。

エピソード

退職を告げた日

これは、退職する1ヶ月ちょっと前まで遡る。

僕は、午前中に課長から

「11時に1 on 1面談やるけど大丈夫?」

と尋ねられた。

1 on 1面談は、上司と部下が1対1で行う面談のことで、

・ 仕事上の悩みや改善案

・ 仕事の理解度

などについてドシバシ質問されて答える面接みたいなものだ。

1 on 1面談があるという話は当日になって初めて知らされたが、特段仕事が忙しいわけではなかったため了承した。

この時は、まさか退職を課長に直で告げるとは夢にも思っていなかった。

話は、ここからさらに2ヶ月ほど前に遡るが、その頃から僕は、会社を退職することについてなんとなく悩み始めてた。

新卒で入社した会社を1年足らずで退職しました

だけど、退職に対して

『退職したら一文無しになってホームレスになってしまうとか、行く宛もなく孤独になってしまうのではないか』

みたいな漠然とした不安と恐怖を感じていたため、退職への一歩を踏み出したいと思いつつも踏み出すことができずにいた。

だから、1 on 1面談の予定について聞かされた時も、特にいつもと変わらず「承知しました。」と返事した。

んで、いざ1 on 1面談の時間がやってきた。

課長
課長

「んじゃ、そちらに座ってください。」

僕

「あ、はい。」

課長
課長

「入社してから10ヶ月が経過したけど、仕事の方はどう?」

僕

「えーっと、あの・・・。」

課長
課長

「?」

僕

「・・・退職を検討しているんですが・・。」

課長
課長

「」

僕の心の声『あっ!やばいっっ!!言っちゃったっっっ!!』

直近で退職するか否かを悩みすぎてモヤモヤが溜まっていた僕は、ついに退職を検討しているの一言を話してしまったのだっ!!

その後は皆さんのご察しの通り、色々質問されました笑

「なんで辞めようと考えたのか。」

とか

「何が不満なんだ?」

とか

「早すぎじゃねえか?」

とか。

だから正直に伝えました。

・ 自分の今までの生き方に疑問を持ったこと

・ 客先常駐という働き方が嫌なこと

・ 自分がそもそもやりたいことではなかったこと

ありのまま全てを伝えました。

客先常駐エンジニアとして働いてみて感じたこと

客先常駐ということもあり、とてもドライな関係の職場だったため、課長からはあまり深掘りはされず

課長
課長

「分かりました。それじゃあ、上に伝えときますのでそれが終わったら退職願と退職届を提出してください。後、混乱招くから周りにはまだ伝えないように。」

という返事をもらって、あっさりとその場は終わった。

「これで辞められるのか・・・。」と僕は内心ホッとしていた。

その時までは・・・。

引き止め地獄の始まり

このまま残りの期間は、退職願と退職届を提出して辞められる・・・そう思っていましたが甘かった。

数日後に事務所に電話があり電話に出てみると、

部長「ちょっと今からそちらに向かうので話を聞かせてもらえませんか?」

僕「え・・・あ、はい、分かりました。」

僕の心の声「うわ〜、次は部長と面談か〜;」

なんと急遽部長との面談が決定したのである。

僕はその後、部長と面談をして課長の時と同じような内容を伝えた。

すると突然部長から

部長
部長

「辞めないで課を異動するって選択はどうかな?」

と言われ何故か他の派遣先を提案された。

僕の心の声いや、、、だから、客先常駐が嫌だって言ってるじゃん!(笑)』

勿論、他の派遣先もお断りさせていただきました(笑)

その後もいくつか提案されましたが、インターネットとかで事前に調べた時に

引き止めに応じてしまうとその後気まずくなる

みたいな記事をいくつも拝見してた為、動揺はしなかった。

んで、まぁ最終的に部長にも納得してもらえたみたいで、

部長
部長

「分かった。じゃあ、人事総務課と事業統括に話を通しとくからそれ終わったら退職願出すようにね。あと、周りにはまだ言わないように。」

と言われたから

僕

「あ、はい、分かりました。」

と返事した。でも、心の中で

僕の心の声『それ終わったらってどゆこと・・・。』

って、なんかちょっと部長の言い回しが変だなーって思ってたら・・・案の定!

今度は、人事総務課の課長と事業統括の方との面談をすることに!

その2人からも他の選択肢とか僕にとって都合の良いような選択肢とか色々提案されたけど、結局ブレずに全てお断りさせていただきました。

んで、なんとか僕は計4回の面談を潜り抜けることに成功した。

もうクタクタでした(汗)

退職願の提出とおよそ1ヶ月の気不味い職場生活

引き止め地獄が終わり、遂に退職願を出すことになった。

フォーマットは特に無かった為、僕はネット上にあった参考文をそのままワードで書いた。

封筒は、郵便番号書く欄が無い真っ白なものが良いってネット上で推奨されてたけど、

真っ白な封筒売ってるかな?

と思ってコンビニで探したら、A5サイズしか売ってなかったので(退職願はB5かA4サイズ)、封筒に入れずに提出した。

提出する時に課長から

「いや、普通入れるでしょ。」

と怒られた為、封筒には入れたほうがいいです!

コンビニに売ってない場合があるのでオンラインでの購入をおすすめします!

角2封筒 ホワイト 白封筒 A4 紙厚100g【100枚】 角形2号/角2/無地封筒/事務封筒/240×332

価格:1,069円
(2019/4/18 14:19時点)
感想(0件)

んで、その後退職の話が一部の社内メンバーに伝わり始めて、

「まぁ、挑戦できるのは若いうちだけだからね〜。」

って言う人もいれば掌返したように態度が冷たくなった方もいました(泣)

まぁ、辞める人間なんでしょうがないっちゃしょうがないですが・・・それでもやっぱりそういう状況下での一ヶ月ってキツイです(汗)

なんか最後の最後で会社に行くのが嫌になってきます(笑)

僕は、辞めた後に知りましたが、最近は退職代行サービスなるものがあるらしいのですね。

退職を告げた後に気まずくなることが想定される場合、使ってみるのもいいかもしれません。

退職届の提出とミーティングでのスピーチ

退職日の2週間前になると、課長から退職届を書くように言われました。

これは会社によるのかもしれませんが、自分がいた会社は

退職届の規定フォーマットがあった

為、それを貰ってそこに書きました。

課長から

「これを提出したらもう後戻り出来なくなるけど最後の最後でやっぱり残ろうかなとかそういうのは無いですか?」

と最後の最後に引き止めに遭いました(笑)

勿論、引き止めはお断りさせていただきました。

そして、退職日当日には何故か

ミーティングで退職について社員の前でスピーチをする

という拷問のような時間を味わいました(汗)

まさか、最後の最後でこんなオチがあるとは思いませんでした。

ただでさえミーティングの場でスピーチなんて嫌なのにそれが退職のスピーチとなるとめちゃくちゃ苦痛でしたよ(´・ω・`)

そのスピーチを終えて、ようやく退職することができました!

いやぁ〜長かった(笑)

退職代行サービス使ってみるのもいいかも・・・

実際、退職してみて思ったことは、

退職までの期間(引き止めやら気まずい期間やらスピーチやら)がとにかく長い!長すぎる!!

ということです(笑)

この期間を失わずにかつ気まずい気持ちにもならずに済ます方法は無いだろうかと思って調べてたら最近こんなサービスがあるみたいですね。

退職代行を検討する方はこちらへ → 退職代行EXIT

自分は退職を告げた後にこのサービスの存在を知ったのですが・・・正直50000円であの気不味さを回避できるなら安いのかな・・・と思いました。

それくらい退職を告げた後は気不味いです。

会社辞めたいけど、

退職を告げた後に気まずくなったり文句言われたり嫌な思いをするのは嫌だ!誰かに退職を代行してほしい!!

って人やそうでない方にも非常に良いサービスなんじゃないかなと(自分の会社は気まずくならないって思ってても意外と気まずくなるものだと思うので;)。

退職を予定している方は、是非、検討してみてはいかがでしょうか!

最後に

退職は凄い勇気がいることだと思います。

でも、辞めようか辞めまいかでモヤモヤしている時間って凄い勿体無いと思いませんか?

僕は、退職する前に三ヶ月くらいずっとモヤモヤしてたので今思うともっと早く決断しても良かったんじゃないかなーと思うんです。

だって

三ヶ月分のお金は後からでも稼げますが、三ヶ月分の時間って戻らないですからね?

まぁ、それでも最後は皆さん一人一人の価値観次第です。

迷ったら

自分がどんなことに興味があるのかとか幸せを感じるのか

など自己分析してみてもいいかもしれません。

※ちなみにこのブログでは、ありのままの自分で生きるをテーマに掲げています。

そのため、いずれ

自分のことがよく分からない人向けに自己分析

についての記事も掲載していきたいと考えています。

この体験が会社に入社したけど辞めたい・・・って方へ勇気を与えるものであってほしいなと思ってます(^ω^)

今、辞めたいと思ってる方は辛いかもしれませんが皆通る道です!(笑)

自分の命が一番大切なので無理をしないようにしましょう!

ちなみに僕は、メッセージでもくだされば暇な時、相談に乗りますよ(^^)笑

それでは!

ps. 「誰かに相談したい!けど、お前(著者のはせさん)は嫌だ!」って方はエージェントに相談するのもいいかもね。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

ABOUT ME
夕日直人
Webエンジニア/ライター/シンガーソングライター/ブロガーとして活動しています。Webプログラミング、ライティング、音楽、その他、有益な情報を発信していきます。