就活/転職

社員寮ってどうなの?実際に入寮したのでメリット/デメリットをまとめました

女の子
女の子
就職/転職する予定の会社に社員寮があるから是非入寮したい!けど、社員寮ってどんな感じなんだろう?
男の子
男の子
調べても出てこないし誰か社員寮のことについてメリットとデメリットを教えてくれる人はいないかな。 

そんな方の為に、元社員寮に住んでいた”すなおらいふ”の著者ことはせさん@hasesan00が実際どんな感じなのかを綴っていきます!

僕の経歴

まず、ざっと僕の経歴について書いておきますね。

僕は、東京の大学を卒業後に、設計開発エンジニアとして地方の田舎の中小企業に就職しました。

参考記事 → 東京出身の僕があえて地方の企業に就職したことで実感した地方の魅力

奨学金を借りていた為に少しでも生活の負担額を抑えたいという思いから月額10000円の社員寮に入寮しました。

ちなみに、僕が入寮していた社員寮は、リビングが共同スペースで11畳ほど、自分の部屋は6畳という間取りでした。

入寮してみて感じたこととしては、住んでいくだけなら問題ないということです!

ただ、人によってはデメリットになりうる点もいくつか存在するので、

以下では僕が社員寮に入寮してみて感じたメリット/デメリットを包み隠さず書いていきます!

社員寮に入寮するメリット

まずは社員寮に入寮したことで感じたメリットを包み隠さず書いていきます。

貯金が貯まる

社員寮に入寮すると貯金が貯まります!

僕の入寮した社員寮は家賃が月額10000円だったのですが、そのおかげで新卒1年目は年収が240万程度だったにも関わらず150万円を貯金することができました。

参考記事 → 新卒入社1年で会社を退職した僕が1年間で150万円貯金した方法

奨学金を借りてて通常の賃貸を借りると月々の負担が高い!

家賃をなるべく安く済ませたい!という人には非常にオススメだと言えます。

会社まで距離が近い

社員寮に入寮すると多くの場合、会社までの距離が近くなります。

その為、日々ストレスなく会社へ出勤することができます。

満員電車が嫌いだったり、なるべく沢山寝てたい、生活にゆとりが欲しい人にはオススメだと言えます。

また、満員電車や喧騒が嫌いな人は都会ではなく、地方に就職することも検討してみてはいかがでしょうか。

僕は、あえて地方に就職したことで、満員電車や喧騒から逃れることができました。

参考記事 → 東京出身の僕があえて地方の企業に就職したことで実感した地方の魅力

家具が揃ってる

会社によるかもしれませんが、多くの場合に洗濯機、冷蔵庫、机といった生活に必須な家具は揃っています(どこまで充実しているかは会社によって異なります)。

最初から自分で家具を揃えなくてもいいので、家具の購入代または引っ越し代を節約することができます。

節約すればお金が貯まります!

お金が貯まると日々が充実します!!

このような循環が起きる為、日々を充実させたい人にも社員寮はオススメと言えます。

社員寮に入寮するデメリット

このように良いとこ尽くしの社員寮ですが、実はデメリットがいくつかあります。

以下では、社員寮のデメリットについて包み隠さず書いていきます。

会社の人間と会う

社員寮に入寮すると、会社の人間に会う確率が高くなります。

例えば休日になって外出したら知り合いに会うなんてのは頻繁にあります。

その時、挨拶を交わして済めばいいのですが場合によっては、めんどくさい人もいるので雑談に巻き込まれる可能性があります。

なので、休日に会社の人間と会うのが嫌な方やめんどくさい雑談を断れない方は入寮しない方がいいといえるでしょう。

ちなみに、僕はシェアルームだった為に朝起きると会社の先輩社員がリビングにいるという環境でした(苦笑)

プライベートに巻き込まれやすい

会社の人間からプライベートで遊び(飲みとか)に誘われる可能性が高くなります。

なぜなら社員寮は多くの場合、20代の方が限定で入寮できるように会社側が敷居を設けているからです。

20代の方が多い・・・ということはつまり、会社やプライベートの飲みに誘われる確率が高くなります(だって盛りだもの)。

なので、飲みがあまり好きではない方やプライベートに巻き込まれたくない方、断れない方は入寮しない方がいいといえるでしょう。

ちなみに著者は、誘いを全て断っていました(笑)

理由は、めんどくさかったからです!

揉め事があった時にめんどくさい

社員寮で揉め事があった時は非常にめんどくさいです。

何故なら会社が関与してくれない場合が高いからです。

これは会社に入った後に知ったのですが、社員寮での揉め事は社員に帰結させる場合が多々あります。

これは、推測ですが会社側が関与するのがめんどくさいからだと思います(笑)

実際、僕はシェアルームだったことで相部屋の人とトラブルになり、会社にそのことを告げたことがありましたが会社側の言い分は

「寮生同士のトラブルは寮生同士で解決してください。」

というものでした。

以上の理由から揉め事がめんどくさいと思う方は入寮しない方がいいのではないかと思います。

ただ、これはあくまで僕がシェアルームに入寮していたからだと思いますし、シェアルームでない社員寮であれば寮生同士で揉めるリスクは低くなると思います。

ただ、社員寮がシェアルームの場合はこの項目のようなリスクが生じる可能性が高いのでシェアルームの社員寮は個人的にはあまりオススメしません。

はせさん
はせさん
シェアルームの社員寮に入寮するくらいなら一般のシェアハウスに入寮した方が得策だと思うよ! 

自己都合で退職する時めんどくさい

僕は、新卒入社してから1年後に会社を退職しました。

参考記事 → 新卒で入社した会社を1年足らずで退職した時のエピソードを話そうと思う

んで、退職を告げたのが退職日の一ヶ月前だったのですがその一ヶ月間はいつも

「会社の人と顔合わせたくねえええぇぇぇっ!!」

という感情で一杯でした(笑)

だから休日に外出するときは、なるべく会社の人がいないような時間帯を見計らって外出したりしてました。

社員寮に入寮する場合は、このようなケースがあることも考慮した方がいいと思います!

ちなみに著者は、退職日の数日前にわざわざ部屋まで来られて退職について尋ねられたりもしました(苦笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もし、就職/転職に際して会社の社員寮に入寮することを検討している方は

是非この記事を参考にしてくださると嬉しいです。

また、場合によっては一般のシェアハウスの方が社員寮よりも安く家賃を抑えられたりストレスに悩まない可能性もあります!

なので、家賃をなるべく抑えたい/社員寮ならではのストレスに悩まされたくないという方はシェアハウスを検討してみるのもいいのではないかと思います!

最後に

当ブログでは、この記事以外にも生き辛い人向けの心理的アプローチや20代の新しい生き方についての記事をまとめておりますのでご興味があれば是非拝見してくださると嬉しいです!

はせさん
はせさん
メッセージや相談も随時メールで受け付けてますっ!詳しくはお問い合わせから!
ABOUT ME
夕日直人
Webエンジニア/ライター/シンガーソングライター/ブロガーとして活動しています。Webプログラミング、ライティング、音楽、その他、有益な情報を発信していきます。